快眠枕のプロが教える枕の選び方はこれ! 通気性・素材の種類を比較してあなたの睡眠の質を高める枕を見つける方法とは

あなたの枕は身体に合っていますか?

ここ最近「枕難民」が急増している様ですが、1日の疲れを癒す睡眠時に必須のアイテムですから、自分に合わないと本当に辛いですよね。

  • これまで何度も枕を買い換えている
  • 朝起きると首や肩が疲れている
  • 朝すっきり目覚めない

ここでは、そんなお悩みをお持ちの皆さんにとって、良い枕を見つけるポイントをご紹介したいと思いますので、是非最後までお読みくださいね。

睡眠の質を高めるために良い枕は必要不可欠なアイテム

自分に合った枕が見つからないことで、枕を使用しないで寝ている枕難民の方もいらっしゃるようです。 

 枕がなくてもぐっすり眠れるならそれで良い様な気もしますが、枕なしの睡眠には以下のようなデメリットも存在します。 

 ・寝返りが打ちづらい 

・肩こりや首の痛み が発生しやすい

・睡眠が浅くなる 

・いびきがひどくなる 

・朝起きると顔がむくんでいることが多々ある

 このようなデメリットだけでなく、枕なしで眠る事は睡眠の質そのものの低下につながることがあります。 

 近年、枕は睡眠の質に大きな影響を与えるということが、かなり認知されてきたため、たくさんの種類の枕が販売されるようになりました。 

 枕の違いは大きく分けると、素材(中身)と形ですが、特に枕の素材は種類が多く、何を基準に選んだら良いのかが悩みどころです。 

まずは、素材の違いを比較して、良さそうなものを探すところから始めましょう。 

枕に使われるの各素材ごとの特徴と違いについて 

パイプ

ストローを切ったような形をしており、中が空洞になっているため、通気性が高く水に強い素材のため、枕を丸洗いすることができます。 

いつでも清潔な状態を保ちたい方におすすめの素材です。 

しかし、化学繊維でできているパイプは、ゴツゴツしていることや素材同士があたってシャリシャリと音がするので、その点気になる方もいらっしゃいます。 

天然素材のワタ(木綿)

ふわっとした柔らかさが特徴で、枕やクッションの定番素材です。

柔らかめの枕がお好みの方にはおススメの素材です。 

ただ、使用していくうちに弾力性が失われ、徐々にボリュームダウンしていきます。

また、ホコリがたまりやすい素材ですが、水洗いできないものが多いので、天日干しでのお手入れがおすすめです。

天然素材のそば殻

そばの実の殻を乾燥させた素材です。

一つ一つは軽い素材ですが、中材として使用するとズッシリと重量感があります。 

そば殻は通気性がよく、熱がこもらないので、一年を通して快適に使用することが可能です。 

しかしながら、そば殻は丸洗い不可のため、天日干しと枕カバーを洗うことでのお手入れしかできません。 

また、パイプと同様、頭を動かすたびにジャリジャリと音がします。

天然素材ウール(球状) 

ウールはワタが粒状になっており、空気をたっぷり含んでいる素材で、放湿性が高く湿気を空気中に蒸発させる機能に優れており、保温性も抜群です。 

また、100%ウールは、天然繊維で静電気を帯びにくいため、ホコリや花粉、ハウスダストを吸着しにくいことも特徴の一つです。 

 しかし、ウール100%でないと上記のような効果を発揮しないので、その点注意が必要です。 

ウールはデリケートな素材のため、ドライクリーニングでのお手入れが必要です。

低反発(ウレタン) 

一般的に、低反発枕と呼ばれている枕は、低反発素材のウレタンで出来ています。

体圧を分散し、体にかかる負荷を均一にできるという特徴があります。 

そのため、ゆっくり沈み込み、ゆっくり元に戻ります。 

しかし、低反発ウレタンは首や肩にフィットしやすいですが、沈み込み過ぎてしまう恐れもあり、ちょうど良い高さでとどまることができないのが難点です。 

また、通気性が悪く丸洗いできませんので、枕カバーを洗うというお手入れ方法になります。 

高反発(ウレタン)

反発力が高く、枕を押すとすぐに跳ね返り、形状が崩れにくいのが特徴です。

ゆっくり沈み込む低反発ウレタンとは異なり、適度な固さがあるため、首や肩の過剰な沈み込みは防げます。 

しかし、ウレタンの特徴として通気性が悪く、丸洗いは不可です

天然素材の羽根(フェザー)

ポリエステルワタと似ていますが、天然の水鳥の羽根を使用しています。

通気性と保温性に優れており、ふわっと柔らかい素材ですが、人によってはゴワゴワと感じることもあるでしょう。 

また、天然素材なので羽根軸が生地を突き破って出てくることもあります。 

 デリケートな天然素材のため、洗濯は推奨できません。そのため、枕カバーをつけて汚れたらカバーを洗濯するというお手入れ方法になります。 

天然素材のヒノキチップ 

ヒノキチップは、ヒノキをチップ状にしたもので、そこそこ硬めの枕です。 

素材そのものに吸湿性があり、ヒノキの香りがリラックス効果をもたらしますので、不眠解消や安眠のサポート効果を発揮するのが特徴です。

しかし、人によっては強い香りが睡眠の妨げになることもあり、ヒノキアレルギーの方はもちろん使うことができません。また、木材なので丸洗いすることはお勧めできません。

新素材のストロネパイプ

パイプの良さはそのままに、デメリットをカバーしたのがストロネパイプです。 

往来のパイプはゴツゴツした感触や、シャリシャリと耳障りな音が出るのがデメリットでした。 

ストロネパイプは、ふわっとしたソフトな感触の素材で、耳障りな音がしないのが特徴です。 

丸洗いができるので、枕を清潔に保ちたい方におすすめです。 

しかし、ストロネパイプはソフトな素材のため、長年使用するとへたってしまいます。 

枕全体が低くなったと感じてきたら交換時期の目安となります。

枕の素材を選ぶポイント 6

これまで満足のいく枕に出会えていない枕難民の方にぜひ参考にして欲しい事

正しい枕の選び方は以下の6つのポイントを満たしているかどうかが鍵です。

 安眠できる枕の条件

1.カバーも本体も洗えること

頭部は汗をかきやすく、枕は菌の温床となりやすいため、枕本体を丸洗いできるものが快眠のための最低条件です。

 2.通気性があること(本体・カバー全て) 

夏涼しく冬暖かいのは誰もが望む事だと思いますが、熱がこもり、蒸れてしまうのは季節を問わず不快感を伴います。

通気性が悪いと菌も繁殖しやすく不衛生になりがちです。

快適な睡眠には通気性があることが重要です。

3.何度寝返りしてもずれない大きさ

重たい頭を支える枕が小さすぎると、寝返りを打つ際に枕から頭が落ちてしまうことがあります。

その際、首や肩を痛めることが無いように、ある程度の大きさは必要です。 

4.寝姿に合うカタチかどうか(形状) 

睡眠時は、無意識に様々な体制で寝ているものです。

あおむけ寝だけに合う枕ではなく、横向き寝、うつ伏せ寝など様々な寝姿勢にも対応できるカタチかどうかがポイントです。 

5.自分に合う高さに調整できること(カタチを作り出すための調整) 

様々な寝姿勢を支えるために、高さ部分の調整ができるかどうかもポイント。

6.高さを保てる素材であること(カタチを作り出すための中材の物性) 

高さを保つために、中材に絶妙な流動性があることが重要です。 

中材が小分けにできることで形の保持が可能となります。 

以上の6つのポイントを参考に、安眠できる枕の条件としてどんな素材を選んだら良いか、答えは見つかりましたか? 

それは通気性が良く、清潔を保てることですね。

 先ほどご紹介した中で、通気性の良い素材は以下となります 

  • パイプ
  • ストロネパイプ
  • そば殻
  • ヒノキチップ 

この4つの素材の中で洗濯ができる素材は?

  • ストロネパイプ

 

 ストロネパイプ は通気性が良く洗濯ができる素材です

ストロネパイプの特徴をおさらいしましょう

ストロネパイプは、ソフト感がありつつも重たい頭を支える支持性を兼ね備えているため、 枕の中素材としては最適です。

従来のパイプ素材は、頭を乗せた時にゴツゴツする違和感や、動くたびにシャリシャリと音がする為評価は今一つとされてきました。

ストロネパイプは従来のパイプ素材とは違い、素材原料にこだわり、硬度や流動性を調整したことで、ソフト感と支持性を持たせることが可能となりました。 

ストロネパイプを使っている枕は?

ドクターエルが開発したNelgu(ねるぐ)には、ストロネパイプを使用しています。 

Nelgu(ねるぐ)独自の馬蹄型のパット(仕切り)に、ほどよく流動性のあるストロネパイプを使用することで、往来のパイプの欠点であるゴツゴツとした感触や耳障りな音を解消しました。
 

快適な睡眠を追究し、2年もの月日をかけて開発したストロネパイプ材の枕です。枕難民の皆様にぜひお試しいただきたいお勧めの枕です。

今回紹介したNelgu(ねるぐ)と関連商品はこちら

 

 ■船戸川 宏行
代表取締役 :株式会社ドクターエル

株式会社ドクターエルの経営者。自身が開発者でもある。生体力学(バイオメカニクス)を応用した、身体の骨格を整えることで自然治癒力を高める商品開発をコンセプトとし、これまでに数多くの商品
を世に送り出している。
過去にTV番組出演や、DeNA、第一生命大手といった会社で講演会を行った経験がある。